記事・ブログ2024.01.26220 view

最適な会議室のレイアウトは?生産性を高める鍵とは

最適な会議室のレイアウトは?生産性を高める鍵とは

この記事・ブログをシェアする

皆さんは会議を行う場合、どのようなレイアウトを採用していますか?
レイアウトは、会議室内のコミュニケーションに大きな影響を与えます。参加者の人数や会議室の大きさを元に、適切なレイアウトを採用できれば生産性の向上も見込めるでしょう。
本記事では、効率的な室内空間の活用やレイアウトのデザインを解説していきます。

対面

対面形式のレイアウトは机を挟んで向かい合うので、コミュニケーションを取りやすく少人数の会議に向いています。適切な人数で会議を行うことで、全員が顔を見合わせて対等に意見を交換できます。しかし、人数が多い場合は両端の人との距離が長く、意見交換が難しくなるので注意が必要です。

コの字

コの字形式のレイアウトは机をコの字に配置し、外周に人が座ります。対面式と同様に顔を見合わせながら意見を交換でき、中規模の会議に最適です。このレイアウトは全員がホワイトボードやスクリーンを視認しやすく、提示された資料への理解度が高まります。また、資料を確認しながら円滑にディスカッションを行えるので、生産性も高まるでしょう。

ロの字

ロの字形式のレイアウトは四角形になるよう机を配置し、その外周に人が座る形になります。対面やコの字形式と同様に、全員が顔を見合わせるように座るので、会議やグループでのディスカッションに向いています。また、ロの字形式のレイアウトは会議としての質感や没入感を高め、深い議論が起こりやすくなるでしょう。しかし、大規模な会議になってしまうとレイアウト自体の外周が大きくなりますので、会議室の広さが求められます。

スクール

スクール形式のレイアウトは、セミナーや教育機関などで多く用いられており、全員が正面を向く形で座ります。このレイアウトは個別に机と椅子が用意されているので、個人の理解や学習能力が高まります。また、視界も確保しやすく、話す側と聞く側の双方が集中できることが魅力です。欠点としては、参加者同士のコミュニケーションが取りづらくなるので、ディスカッションには向かないことです。

シアター

シアター形式のレイアウトはスクール形式と酷似しており、全員が演台に向けて正面を向きます。スクール形式との相違点は机が用意されず、椅子のみで行われることです。シアター形式は、スクリーンや講師に注目を集めやすく、多くの人に向けて情報を伝えることに適しています。このレイアウトは机が無いので、多くのスペースを確保でき、大人数の参加者に向けてプレゼンテーションを行う形式でよく使用されています。

鳥型

会議 鳥型 レイアウト

島型のレイアウトは、会議室内で少人数ごとに机と椅子を用意し、議論を行うレイアウトになります。島型レイアウトの利点は、グループ内で円滑にコミュニケーションを取りながらも、必要に応じて他のグループと意見交換や発表を行えることです。個々のテーブルで集中して作業に取り組めるので、生産性も高いといえます。しかし、参加する人数によっては広いスペースが必要になる欠点があります。

正餐

正餐形式のレイアウトは室内に円卓を複数設置し、参加者がテーブルを囲んで座る形になります。正餐形式はグループ内のコミュニケーションを円滑にし、議論を促進するメリットがあります。このレイアウト形式は、ラフなミーティングなどリラックスした環境を演出したい時に最適です。一方で、プレゼンテーションや大切な会議など、参加者の集中を集めたい時には逆効果ですので、注意が必要です。

シチュエーションごとに最適な会議のレイアウトは?

最後に会議の規模やシチュエーションごとに最適な形式を解説していきます。ニーズに合わせて最適な会議のレイアウトを探してみてください。

小規模

  • 対面形式
  • コの字形式
  • ロの字形式

中規模

  • コの字形式
  • ロの字形式
  • スクール形式
  • シアター形式

大規模

  • スクール形式
  • シアター形式
  • 鳥型式
  • 正餐形式

セミナー・プレゼンテーション

  • コの字形式
  • スクール形式
  • シアター形式

ディスカッション

  • 対面形式
  • コの字形式
  • ロの字形式
  • 鳥型式
  • 正餐形式

まとめ

本記事では、会議室におけるレイアウトを7つ解説してきました。会議には参加人数・会議室の規模・シチュエーションなど様々な要素があります。本記事を参考に最適なレイアウトを選び、理想の会議を実現してみてはいかがでしょうか。

新着記事・ブログ

コラム 一覧へ