記事・ブログ2024.01.2191 view

開発合宿(エンジニア合宿)の意味やメリットとは?

開発合宿(エンジニア合宿)の意味やメリットとは?

この記事・ブログをシェアする

エンジニアの方を中心に人気を集めている開発合宿。社内オフィスや自宅でのリモートワークにマンネリを感じ、作業に集中できないという方も多いのではないでしょうか?開発合宿はリラックスした環境で日々の疲れを癒しつつ、作業に集中できるという魅力があります。本コラムでは、開発合宿についての意味やメリットを解説します。

開発合宿(エンジニア合宿)の意味とは?

開発合宿とは、”国内リゾート地などで宿泊しながら、集中的にソフトウェア開発などの仕事をする合宿”のことです。通常であれば、オフィスで設計やコーディングなどの作業をしますが、開発合宿ではホテルや旅館といったリゾート地で作業を進めていきます。非日常的な環境では、心を落ち着かせて作業に集中でき、生産性を高めることができるのです。

開発合宿のメリットとは?

次に開発合宿のメリットをご紹介していきます。メリットは大きく分けると5つあり、以下の通りになります。

  • 作業効率UP!
  • メンバーとのコミュニケーション活性化
  • 新たなスキルが身につく
  • 生活習慣を見直せる
  • 仕事の疲れをリフレッシュ

それでは、開発合宿のメリットを一つずつ見ていきましょう。

 

作業効率UP!

課題を決めて短期集中的に取り組める開発合宿。「オフィスにいると日々の業務に追われて、新規開発だけに没頭できない!」ということも多々ありますが、集中できる環境に身を置くと、作業効率を上げることができます。また、普段は忙しくて仕事の相談をできなかったメンバーとも気軽に意見交換が行え、プロジェクトの進行スピードもアップします。

メンバーとのコミュニケーション活性化

普段エンジニアは黙々と一人で作業する機会が多く、孤独感を感じるという方もいるかもしれません。開発合宿は寝食を共にしながら作業するので、チーム内のコミュニケーション活性化を図れます。チームワークを強化すれば、オフィスに戻った後のやり取りもスムーズになり、社内の雰囲気もより良くなるでしょう。

新たなスキルが身につく

「いつものオフィスでは最新のIT技術を学び、スキルアップする時間が取れない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?開発合宿では、仲間の作業風景を見て刺激が受けられるチャンスです。他にも温泉で仲間と会話している時、部屋でくつろいでいる時など、意外なところで普段の業務に活かせる新たなスキルを思いつくかもしれません。

生活習慣を見直せる

エンジニアは作業時間が長く、生活が不規則になってしまう場合もあります。食事や睡眠など、規則正しい生活を意識しながら業務に取り組めるのも開発合宿の魅力。合宿中は朝にしっかりと起きて、夜も決まった時間で就寝する生活リズムを身につけるきっかけになるはずです。エンジニアにとって体調管理は非常に重要なので、開発合宿中はスケジュール管理も意識すると良いでしょう。

作業の疲れをリフレッシュ

日中は自然豊かな環境でリラックスしながら業務に取り組み、夜は温泉でリフレッシュ。そんなワークスタイルを叶えることができるのも開発合宿です。開発合宿では日々の疲れを癒すだけでなく、効率よく作業を進められる環境が整っています。合宿で身も心もリフレッシュし、社内に戻ることで業務の生産性も向上するでしょう。

合宿後にはフィードバックを集める

フィードバック

開発合宿を実施した後は、社内に戻ってからフィードバックを集めましょう。合宿をして良かった事や改善点など、フィードバックを集めると具体的にどのような結果が得られたのか知ることができます。実際に社員のチームワークが向上していたり、生産性が上がったりしていれば、次に実施する開発合宿への期待も高まるでしょう。そのように開発合宿を実施していくと社員のモチベーションも向上し、プロジェクトを効率よく進行できるようになります

まとめ

国内リゾート地を満喫しながら、その自然環境のなかで作業に集中できる開発合宿。いつもと違う環境だからこそ作業効率のUPやコミュニケーションの活性化、新たなスキルの習得など、メリットもたくさんあります。宿泊先によっても、魅力は様々あるので目的やテーマにあった場所選びをしてみてはいかがでしょうか。本コラムが皆さんの参考になれば幸いです。

新着記事・ブログ

コラム 一覧へ